CATEGORY

topic

事業所得に計上する収入

所得税法上の事業所得になるかどうか、しっかり確認が必要です。 所得税では、収入金額を10種類に分類しています。 それぞれの分類ごとに、収入金額から差し引ける金額等が異なります。 収入金額を正しく分類することが大切です。

中小企業のM&A

中小企業・小規模事業者のM&Aも、大企業のM&Aと基本は同じです。 譲渡価格がそれぞれのケースで異なるだけで、大きな違いはありません。 会社として、会社法・商法等の法律要件に記載されている資料はそろえておきましょう。

事業承継におけるM&Aの役割

事業承継やM&Aは時間的余裕が必要です。 時間的余裕のある状況の時にしっかり進めることが成功の鍵です。 行政も様々な施策で事業承継を支援しています。 支援策を有効に使いつつ、有益な事業承継を実施していきましょう。

コロナ禍の補助金・助成金から見えたもの

世界的危機は、ビジネスの一大チャンス。 これ以上の、ビッグチャンスは、ない時代です。 その波に乗れるのか、乗れないのか、はひとえに経営者にかかっています。 前を見てしっかり、歩を進めることが、最善の方策です。

Xserverビジネスパートナー

経営支援の一環として取り組んでいるIT支援業務 経済産業省認定情報処理支援機関 第2号-18120002 会計ソフトの導入を中心に行ってきましたが、サーバー支援も行えるようになります。

九州・長崎IRの実現に向けて

課題の多いIR事業ですが、地域経済に与える影響は大きいです。 経済活動なくして、定住人口の増加なし。 懸念される事項への対策をしっかり行いつつ、IR事業を強力に推進していただきたいです。 県内経済はもとより、九州経済活性化のためにも、ぜひ強いリーダーシップを期待します。

令和3年度税制改正の動向・検討課題デジタル化

デジタル庁の設置に代表される、DX:デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の流れは加速します。 税務に関しては、記帳の場面で特に加速します。 青色申告・正規の簿記の原則を積極的に推進してきます。 早めの対応が求められます。

事業の欠点からはいればM&Aはうまくいく

まずは、すぐにあげることができる自社の欠点。 そして、その欠点の本質的原因の追及。 現経営者では解決できない課題であっても、M&Aの買手が解決できるのであれば問題ありません。 欠点から始めるM&Aはそういった長期的な事業継続に役立ちます。

経営診断

中小企業経営診断システム(略称:McSS / Management consulting Support System)は、全国の企業と比較して、自社の財務状況がどのようになっているかを知ることで、次の経営計画を適切に行えるようになります。 決算を終えた時点で、金融機関へ決算書を提出し、経営診断を受けること、様々な気づきを与えてくれます。