MONTH

2019年12月

年末年始

こんにちは、経営支援センターの高浜です。年末年始年末は、本日までの営業です。年始は、1月6日からの営業です。 2019年、大変お世話になりました。今年も、多くの人に出会え、さまざまな経験をさせていただきました。良いお年をお迎えください。

令和2年度税制改正の大綱

こんにちは、経営支援センターの高浜です。令和2年度税制改正の大綱が、令和元年12月20日、閣議決定されました。持続的な経済成長の実現に向け、オープンイノベーションの促進及び投資や賃上げを促すための税制上の措置を講ずるとともに、連結納税制度の抜本的な見直しを行う。さらに、経済社会の構造変化を踏まえ、全てのひとり親家庭の子どもに対する公平な税制を実現するとともに、NISA(少額投資非課税)制度の見直し […]

一燈を提げて暗夜を行く

こんにちは、経営支援センターの高浜です。言志四録より「一燈を提げて暗夜を行く。 暗夜を憂うること勿れ、只一燈を頼め。」 今年一年を振り返り、いろいろな出来事が思い出されます。事業承継の支援業務に携わり、人と人が織りなす世の中と、改めて感じます。お互いの意図が複雑に絡み、暗礁に乗り上げたときに、上記の言葉を思い出しています。一燈を頼んで、しっかり前を見て進むことが、大切です。

長崎開港450周年記念ロゴマークの募集

こんにちは、経営支援センターの高浜です。長崎開港450周年記念ロゴマークの募集元亀2年(1571年)に長崎が開港して、令和3年(2021年)で長崎開港450年になります。長崎市では、開港450年という歴史をイメージでき、海、港、船への関心が深まる、長崎港に愛着を持てるようなロゴマークデザインを募集しています。 応募資格 小学生以上の方が応募できます。何点でも応募可能です。 募集期間 令和元年11月 […]

令和2年度予算の概要

こんにちは、経営支援センターの高浜です。令和2年度予算が閣議決定されました。税収 63.5兆円歳出 63.5兆円となっています。 令和元年度予算と比べて一般歳出が1兆7,825億円増加していますがそのうち、社会保障関係費が1兆7,495億円の増加です。医療・介護・年金等の社会保障関係費が、今後も増加を見込まれるのでそれを見据えて、税収の増加策が実施されています。税収を伸ばすには、経済が活性化し、法 […]

固定資産税

こんにちは、経営支援センターの高浜です。不動産を所有すると税金が発生します。それが、固定資産税です。市区町村に対して納税することになります。 この固定資産税。課税する判断基準は、その年の1月1日現在の所有者です。12月31日に不動産を売却すれば、現在の所有者には課税されません。1月1日以降に不動産を売却した場合は、5月頃に固定資産税の納付書が届いて、納税する義務があります。今年も残りわずかですが、 […]

年末調整

こんにちは、経営支援センターの高浜です。年の瀬も近づいて、年末調整で忙しさもピークです。毎年この時期に、と思いますが、「年末」調整なので、仕方がありませんね。 国税庁では、年末調整のホームページを開設しています。動画での解説もあり、初めての人には、わかりやすいのではないでしょうか。Q&Aもあるので、ベテランの人も、あれ?と思ったときに参考になると思います。 詳細は、国税庁のホームページを参 […]

正直に

こんにちは、経営支援センターの高浜です。正直な経営を行っていれば、事業承継者も見つかりやすいです。包み隠さず、オープンな経営を行っていれば事業をしっかり受け継いで、その後も正直な経営を継続する環境になります。 正直な経営を行っていると、よこしまな人が経営を奪いに来ます。そのとき、どのように対処するのか。毅然と対処できる環境を常に意識することが大切です。正直でない後継者に経営権を奪われないように対策 […]

第2期 長崎県まち・ひと・しごと創生総合戦略(仮称)素案

こんにちは、経営支援センターの高浜です。国の制度に合わせて、長崎県も第2期の戦略策定中です。第2期 長崎県まち・ひと・しごと創生総合戦略(仮称)素案 基本目標1:地域で活躍する人材を育て、未来を切り拓く基本目標2:力強い産業を育て、魅力あるしごとを生み出す基本目標3:夢や希望のあるまち、持続可能な地域を創る 詳細は、長崎県庁のホームページを参照ください。

申告手続に関する税制改正

こんにちは、経営支援センターの高浜です。申告手続に関する税制改正経済産業省から令和2年度税制改正要望事項で経済社会のデジタル化等を踏まえた、電子帳簿保存制度等を含む申告・納税手続に関する制度及び運用に係る所要の整備が上がっています。 電子化促進の観点からの要望ですが利便性の向上を図りつつも情報の秘匿性・改ざん防止等を両立させていかないと行けない事項です。それをどのように担保して進めるのか。見守りた […]