MONTH

2019年6月

改製原戸籍、除籍

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 改製原戸籍とは、国民の出生・婚姻などの身分関係を公証する書類のなかで、戸籍の様式の変更に伴い、新たに作り替えられたことにより消除された戸籍のことです。 除籍とは婚姻、死亡、転籍などにより、記載者全員が除かれた戸籍のことです。 謄本とは、戸籍内の全員分の証明、抄本とは戸籍内の一部の人の証明です。 長崎市では平成10年7月に戸籍の改製(戸籍の作り替え)をしてい […]

令和元年分の路線価図等の公開予定日について

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 令和元年分の路線価図等の公開予定日について 国税庁より、令和元年分の路線価図等は、7月1日(月)11時に公開することを予定していますとのお知らせがありました。 公開初日から数日間は、アクセス集中により閲覧しにくい状態となることがありますので、あらかじめご了承ください。 (注)令和元年分とは、平成31年1月1日から令和元年12月31日までの期間に係る年分をい […]

事業引継ぎとM&Aの関係

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 M&A(エムアンドエー)とは、Merger and Acquisition(合併と買収)の略であり、企業の合併や買収の総称です。 英語表記したのが、「M&A」、日本語表記したのが「事業引継ぎ」です。 中小企業・小規模事業者の経営者の高齢化が急速に進む中、少子化等の影響から、親族内での後継者の確保が厳しさを増しており、M&A等による事業引継ぎ […]

長崎県主催の省エネセミナー

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 事業者自らが実施する省エネルギーの取組を推進するため、中小企業管理者の方々を対象としたセミナーを開催します。 省エネルギーに取り組むことで、照明や空調設備等に要する費用の削減が図られ、経営改善にもつながることが期待されるほか、企業活動に伴う温室効果ガス(主に二酸化炭素)の排出削減にもつながります。 ○開催日時・場所  ●令和元年7月8日(月)  諫早市中央 […]

新しい日本銀行券及び五百円貨幣

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 新しい日本銀行券及び五百円貨幣 Ⅰ.新しい日本銀行券について 日本銀行券一万円、五千円及び千円について、偽造抵抗力強化等の観点から、次の要領で様式を新たにして製造することとし、所要の準備に着手しました。 1.主な様式 (1)新たな偽造防止対策等    ・高精細すき入れ     現行の「すき入れ」に加えて、新たに高精細なすき入れ模様を導入    ・最先端技術 […]

不動産ビジョン2030

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 不動産ビジョン2030~令和時代の「不動産最適活用」に向けて~ 社会資本整備審議会産業分科会不動産部会では、不動産業に携わるすべてのプレーヤーが不動産業の持続的な発展を確保するための官民共通の指針を、およそ四半世紀ぶりに「不動産業ビジョン2030~令和時代の『不動産最適活用』に向けて~」としてとりまとめました。 2030年頃までの間に想定される社会経済情勢 […]

平成 30 年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 国税庁から平成 30 年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について発表がありました。 申告人員は 2,222 万人(対前年比+1.1%)で、 そのうち申告納税額がある方は 638万 4 千人(同△0.4%)、 所得金額は 42 兆 1,274 億円(同+1.7%) 申告納税額は3 兆 2,826 億円(同+2.5%)。 自宅等からe-Taxで申 […]

平成30年度税制改正の事業承継税制の特例措置では、「認定経営革新等支援機関」がキーポイント

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 平成30年度税制改正の事業承継税制の特例措置では、「認定経営革新等支援機関」がキーポイントとなります。 まず、特例措置の適用を受けるためには「認定経営革新等支援機関」の指導および助言を受けた当該会社が作成した「特例承継計画」を都道府県知事に提出し確認を受けなければなりません。 また、80%雇用確保要件を満たさない場合は、満たさない理由を記した「認定経営革新 […]

長崎市の鳥「ハト」のシンボルマークを募集します!

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 平成31年4月1日に市制施行130周年を記念して長崎市の鳥を制定し、市の鳥を「ハト」と決定しました。 そこで、市民にとって親しみを感じられ、また、平和の象徴である「ハト」をイメージするシンボルマークを募集します。 応募作品の内容 ・ 平和の象徴である「ハト」をイメージし、誰もがわかりやすく、親しみやすいデザインとします。 ・ 色彩は自由とします。 ・ 縮小 […]

金融審議会の報告書

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 金融審議会の報告書が公表され、一部の文言だけが独り歩きしています。 金融審議会「市場ワーキング・グループ」(座長 神田秀樹 学習院大学大学院法務研究科教授)においては、平成30年9月より、計12回にわたり、「高齢社会における金融サービスのあり方」など「国民の安定的な資産形成」を中心に検討・審議を行って来ました。 これらの審議を踏まえ、金融審議会 市場ワーキ […]