MONTH

2018年8月

日本における“空飛ぶクルマ”の実現に向けて

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 経済産業省は、国土交通省と合同で、日本における“空飛ぶクルマ”の実現に向けて、官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立します。 いよいよ、空飛ぶクルマが実現しそうです。 詳細は、経済産業省のホームページを参照ください。

株式会社ふくおかフィナンシャルグループによる株式会社十八銀行の株式取得に関する審査結果について

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 公正取引委員会は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(以下「FFG」という。)による株式会社十八銀行(以下「十八銀行」という。)の株式取得(以下「本件株式取得」という。)について、FFGから独占禁止法の規定に基づく計画届出書の提出を受け、審査を行ってきたところ、FFG及び十八銀行が申し出た問題解消措置を講じることを前提とすれば、一定の取引分野における競 […]

競馬の馬券の払戻金に係る課税について

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 競馬の馬券の払戻金が一時所得と雑所得のいずれに該当するか、外れ馬券の購入費用が必要経費として控除できるか、が争われていた裁判において、 1 最高裁平成29年12月15日判決は、本件の競馬の馬券の払戻金については、馬券購入の態様や利益発生の状況等から雑所得に該当し、外れ馬券の購入費用は必要経費に該当する 2 東京高裁平成28年9月29日判決(最高裁平成29年 […]

スマホでの申告も可能に

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 平成31年1月から、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、スマートフォンやタブレット(以下「スマホ等」といいます。)でも所得税の確定申告書の作成ができます。 ただし、すべての申告手続きが行えるわけではなく、サラリーマンの還付申告(医療費控除、寄付金控除)、つまり簡易な申告に限られる点に、注意です。 詳細は、国税庁【e-Tax利用の簡便化の概 […]

法人申告書における自署押印規定の見直し

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 これまで法人の提出する法人税申告書には代表者及び経理責任者等が自署し、自己の印を押さなければならない旨規定されていましたが、平成30年4月以降、当該制度が廃止されました。この結果、e-Taxで法人税申告書を送信する場合には、これまで代表者と経理責任者等の電子署名が必要でしたが、平成30年4月以降は経理責任者等の電子署名は不要となりました。 ○平成30年度税 […]

「経営セミナー:本田宗一郎の背中から『ホンダの物創り』」開催

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 「経営セミナー:本田宗一郎の背中から『ホンダの物創り』」開催のご案内《NEW》 《長崎県プロフェッショナル人材戦略拠点「プロナ」 095-825-2200》 長崎県プロフェッショナル人材戦略拠点「プロナ」(県委託事業)では、中小企業の皆様の 成長をお手伝いするための経営セミナーを開催しています。 今回のセミナーは、日本が世界に誇るメーカー「ホンダ」、その研 […]

民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 平成30年7月6日,民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号)が成立しました(同年7月13日公布)。 民法のうち相続法の分野については,昭和55年以来,実質的に大きな見直しはされてきませんでしたが,その間にも,社会の高齢化が更に進展し,相続開始時における配偶者の年齢も相対的に高齢化しているため,その保護の必要性が高まっていました。 […]