CATEGORY

相続支援

類似業種比準価額計算上の業種目及び業種目別株価等

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 自社株の評価を行ううえで、注目すべきは、類似業種比準価額計算上の業種目及び業種目別株価等です。 この評価額が、自社株に与える影響は大きいです。 自社の状況はさほど変化なくても、外部環境により、予想を超える影響を受ける場合があります。 内閣府事業 プロフェショナル人材事業を長崎県で行っているので、今回は「サービス業 職業紹介・労働者派遣業(111)」の年ごと […]

相続に関するルールが大きく変わります。

相続に関するルールが大きく変わります。 こんにちは、経営支援センターの高浜です。 相続法の改正に伴い、令和元年7月1日から、相続に関するルールが大きく変わります。 1:「預貯金の払戻し制度」の新設 2:「特別の寄与の制度」の新設 3:既に平成31年1月13日から「自筆証書遺言の方式」が緩和 4:令和2年4月1日から「配偶者居住権」(配偶者が、それまで住んでいた建物に住み続けられやすくするための方策 […]

改製原戸籍、除籍

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 改製原戸籍とは、国民の出生・婚姻などの身分関係を公証する書類のなかで、戸籍の様式の変更に伴い、新たに作り替えられたことにより消除された戸籍のことです。 除籍とは婚姻、死亡、転籍などにより、記載者全員が除かれた戸籍のことです。 謄本とは、戸籍内の全員分の証明、抄本とは戸籍内の一部の人の証明です。 長崎市では平成10年7月に戸籍の改製(戸籍の作り替え)をしてい […]

亡くなった後の手続き

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 亡くなった後の手続きは、各種あり非常に煩雑です。長崎市では、平成31年3月中旬から、市内20か所にある地域センターの窓口で手続きをする際、申請書に記入する内容の一部を窓口職員がパソコンに入力し、それらの情報を印刷した申請書類を準備できるようになりました。氏名や住所などの共通した事項は、記入する手間が省けて便利になりました。また、窓口も集約し、手続きに係る負 […]

移住支援空き家リフォーム補助金

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 2019年度 移住支援空き家リフォーム補助金の申請受付開始長崎市では、空き家を有効活用し移住や地域コミュニティの促進を図るため、市内にある一戸建て空き家住宅の改修工事等を行う方に対し、定住促進空き家活用補助金事業により支援を行っています。 移住支援補助対象者・市外から市内に転入する方で、これから空き家を購入・賃借する方・市外から市内に転入して1年以内の方で […]

平成31年度税制改正

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 平成31年度税制改正について 平成31年3月27日に成立し、平成31年3月29日公布、平成31年4月1日から施行です。 平成31年度税制改正は、 「消費税率の引上げに際し、需要変動の平準化等の観点から、住宅と自動車に対する税制上の支援策等を講ずるとともに、デフレ脱却と経済再生を確実なものとするため、研究開発税制の見直し等を行う。 あわせて、国際的な租税回避 […]

民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)

こんにちは、経営支援センターの高浜です。 平成30年7月6日,民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号)が成立しました(同年7月13日公布)。 民法のうち相続法の分野については,昭和55年以来,実質的に大きな見直しはされてきませんでしたが,その間にも,社会の高齢化が更に進展し,相続開始時における配偶者の年齢も相対的に高齢化しているため,その保護の必要性が高まっていました。 […]

相続のハナシ~共有名義の土地~について

相続の際、不動産は共同名義にしないことをお勧めします。 親子間の共同名義ならばまだいいのですが、兄弟姉妹の共同名義は避けるべきです。 理由はただ一つ、兄弟姉妹の誰かが亡くなりその子(甥・姪)が所有者となった場合、意思統一が大変難しくなるからです。 街中で見られる一等地が「空き地」のままになっているのは、このようなことが原因かも知れません。 トラブルを先延ばしにしないのも「相続」を考える上でとても大 […]

相続のハナシ~臓器提供~

臓器提供の希望者は「臓器提供意思表示カード」を持っています。 臓器提供の意思表示をしている患者が主治医に死亡診断されると、家族へ臓器提供の説明を受けるか聞かれます。 説明を希望すると移植コーディネーターが呼ばれ、説明を受けた後、家族の意思決定を聞かれます。 希望した場合は摘出手術に入り、術後遺体が家族のもとへ戻ってきます。

相続のハナシ~保証人~

保証人は隠れた債務なので、見つけるのは大変難しいです。 契約書すら持っていないことが多く、死んでからも家族に迷惑を掛けることになります。 相続の手続きが全て終わり、時間が経った後でも、急に借金の返済請求をされる可能性もあります。 保証人になっている場合は、言いにくいかもしれませんが、事前に家族に伝えておくべきです。 それを知っていれば家族は遺産を引き継ぐか、放棄するか方向性が決まります。 弊社では […]