経営診断

事業承継を考えるにあたり、自社の経営診断を行うことをおすすめいたします。
事業承継を行うのに値する会社なのかを客観的に見ることは大切です。

McSS経営診断報告書

中小企業経営診断システム(略称:McSS / Management consulting Support System)は、『分かりやすさ、使いやすさ』をコンセプトに開発した、取引先中小企業とのコミュニケーションにご活用いただける『財務診断ツール』です。
取引先中小企業の決算データを、信用保証協会の保証料率決定に利用されているスコアリングモデル『CRDモデル(法人)』で評価し、CRDに集積された約100万社の決算データと比較した『現状診断』を行います。
さらに、売上高や売上原価など主要な項目に関する将来見通しを入力すると、最長10年先までの予測決算データを作成し、現状の財務状況と比較する『将来シミュレーション』も、簡単な操作で行うことができます。
McSSには、現状診断機能に特化した『McSS_Simple』、現状診断機能と将来シミュレーション機能両方を備えた『McSS_Simulation』の2種類をご用意しています。
このシステムは、長崎県信用保証協会に申し込むことで活用できます。
また、全国各地の信用保証会でも対応しています。
取引のある信用保証協会へお問い合わせください。

長崎県信用保証協会:McSS経営診断報告書提供サービス

http://www.cgc-nagasaki.or.jp/mcss/mcss_service/

診断内容

信用力の相対的な位置づけを「偏差値」や「CRDランク(A~E)」で表示
業種内・県内・売上規模区分内での「順位」を表示
財務面の「強み」「弱み」をわかりやすく「○・●」で表示

仕組み

会員(信用保証協会及び金融機関)は、取引先中小企業の財務データ・非財務データ・デフォルトデータをCRD協会に対して定期的に提供します。
(企業名は全て暗号化され、個別企業名の特定はできない仕組みとなっています。)

CRD協会から会員に対しては、蓄積されたデータを加工して各種サービスを還元します。

一般社団法人CRD協会

https://www.crd-office.net/CRD/index.html

まとめ

金融機関から借入を行っている事業者で保証協会を活用している者は本制度を活用できます。
全国の中小企業の情報を基に自社の経営状況を把握することができます。
全国の企業と比較して、自社の財務状況がどのようになっているかを知ることで、次の経営計画を適切に行えるようになります。
決算を終えた時点で、金融機関へ決算書を提出し、経営診断を受けることは、様々な気づきを与えてくれます。
当社は、ランク「A」偏差値「61」でした。
さらなる努力・改善を継続し続けていきます。

最新情報をチェックしよう!