相続支援

相続手続カウンセラーが、相続に関するコンサルタント業務を行います。

 

相続コンサルタント業務

当社は、相続に際しどのような手続をしなければならないか等について相談を受け、適切な助言・支援などのコンサルタント業務を行っています。
日本では、申請主義が原則となっているため、残された遺族が各種申請を行わなければなりません。
しかし、相続手続は、生涯を通じて全く経験しないか、経験したとしても数回ということが多く、手続自体が完了しないことにより経済的な不利益を被っていることもあります。
葬儀後の手続は、代表的なものだけでも90種類以上あり、短期間のうちに正確に全ての手続を完了させることは至難の業です。
全ての必要な手続を確認せずに、手当たり次第に手続を始めてしまうと、自分以外の相続人の人に、何度も印鑑証明書の提出を追加請求することが発生したりすることもあります。
そういうことが円満な親族関係に疑心暗鬼な感情をもたらす原因になることもあります。
そのような事を出来るだけ防ぎ、身内の方の死亡によって、更に家族が協力し合い、発展していくお手伝いをすることが、当社の使命と感じ業務を行っております。

 

相続事前対策コンサルタント業務

自分自身が亡くなって初めて始まる相続問題。
残された遺族が円満に、幸せに過ごすことを願っていたはずが、親族間の争いに発展。
遺族それぞれの置かれた状況やその時のタイミングにより、様々な問題が生じます。
残された遺族が円満に過ごせるように、生きているうちに事前にできることをしておくことが重要です。
遺産の配分方法だけではなく、これまでの想いや、これからのこと。
これまで歩んできた道を振り返り、感謝とともに次世代に引き継いでいくお手伝いをしています。
相続事前対策をすることで、今をよりよく、自分らしく生きることができます。
「相続」が「争族」にならないように、家族が協力し合い、発展していくお手伝いをすることが、当社の使命と感じ業務を行っております。