事業価値

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
M&Aはおこなっている事業に相手がどれだけの価値を見出すかです。
価値のあるものであればM&Aで事業を譲渡することができます。
また、その価値を判断するのは、相手(買手)です。

事業を行っている経営者は、自身の事業価値を低く見積もってしまい、事業価値がないと自己判断するケースがあります。
その結果、事業を清算してしまい、事業に関わっていた人たちが離れていくことになります。
従業員の場合は、その後の生活のために、ほかの職場へと転職することになります。
その職場が近隣であればよいですが、県外の場合もあります。
そうなると、ますます、地域の活力がそがれていくことになります。

事業の清算を判断する前に、当社にお声がけください。
これまで培ってきた事業の価値を再認識できるかもしれません。
また、その事業の価値に気づいた相手と巡り合える可能性もあります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!