スーパーヨットの受入拡大に向けて

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
スーパーヨットの受入拡大に向けて、平成31年3月に国土交通省が動き出しました。
今年は、新型コロナウイルス感染症等でそれどころではなかったですが、来年は仕切り直して受入拡大してほしいです。
長崎港は有力な港になると思います。
港から市街地までのアクセスも良く、豊富な観光資源に恵まれています。
外国人の個人所有の超大型クルーザー、いわゆるスーパーヨット(メガヨット)は、世界における市場規模が拡大しており、寄港する地域等への経済効果も非常に大きいことが注目されています
防疫対策を行いつつ、受入体制の拡大による経済効果を期待します。

詳細は、国土交通省のホームページを参照ください。
https://www.mlit.go.jp/report/press/port06_hh_000162.html

Follow me!

次の記事

令和2年の年末