最近の立木価格

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
国税庁は、財産評価通達の一部改正(令和2年5月19日)を公表しました。
今回の改正は、最近の立木価格の実態に即して行われたものです。

この標準価額表によると
杉は、栃木県渡良瀬川の730千円が一番高価額
ひのきは、熊本県球磨川の1,110千円が一番高価額
です。

栃木県渡良瀬川は、ひのき、1,010千円。
杉とのバランスを考えれば、全国的に、良質な木材が産出される地域ということになります。

その他の地域や、詳しく確認したい方は
国税庁のホームページを参照ください。
https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kihon/sisan/hyoka/kaisei/200519/01.htm

Follow me!

前の記事

顧客

次の記事

リニア中央新幹線静岡工区