共通ポイント制度利用時の処理

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
キャッシュレスに伴い、いろいろなポイント制度も充実してきました。
利用者としては、嬉しい制度ですが、事業者目線で考えると、日々の仕訳をどうしたらよいのか悩みます。
国税庁タックスアンサー
No.6480 事業者が商品購入時にポイントを使用した場合の消費税の仕入税額控除の考え方
を参照いただければと思います。

1:ポイントを付与するとき
現金等 11,000 / 売上 10,000
        / 仮受消費税 1,000
ポイント費用 110/ 未払金 110

2:ポイント運営会社に支払ったとき
未払金 110 / 現金等 110

3:ポイント利用で販売したとき
現金等 110 / 売上 200
未収金 110 /仮受消費税 20

4:運営会社からポイント代金を受領したとき
現金等 110 / 未収金 110

詳細は、国税庁のホームページを参照ください。

Follow me!

前の記事

灌仏会

次の記事

長崎港2バース化