転出超過

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
長崎市の日本人の転出超過数が2019年に2,772人(前年比396人増)となり、
市町村別の統計で2年続けて全国ワースト1位となった。

前年より396人増加していることも大きな問題。
転出13,313人(前年比297人減)
転入10,541人(前年比693人減)

転入が少ないのは、都市としての魅力が減退しているということでしょうね。
転入者が増加する魅力ある雇用の場の創出が必要です。

Follow me!

前の記事

令和元年度補正予算成立

次の記事

こころ・かたち