法王の来崎

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
2019年11月24日、フランシスコ法王が長崎にお見えになります。
前回、ヨハネ・パウロ二世が長崎に来られたのが38年前です。
昭和56年2月の大雪の日にミサが行われました。

フランシスコ法王は、アルゼンチン出身です。
平成16年から12年半、長崎で二十六聖人記念館の館長を務められたレンゾ神父は、アルゼンチンの神学校時代の教え子です。

昨年、世界文化遺産に認定された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の価値と意味を広く発信できる良い機会になると思います。

詳細は、長崎県のホームページを参照ください。

Follow me!

前の記事

11月はテレワーク月間

次の記事

決算書