四方の海

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
四方(よも)の海 みなはらからと 思う世に など波風の たちさわぐらん
明治天皇御製 明治37年

事業承継の際に、親族で意見対立が生じる場合があります。
仕事上、そういった場合に立ち会うことが多いです。
その際に、心がけているのが、明治天皇御製の和歌です。
この御製は、明治天皇が日露戦争の際に詠まれ、昭和天皇が対米戦争決定の御前会議で奉唱されました。

四方に広がる海(よもの海)で繋がるこの世界は、みな兄弟(はらから)であるように思うのに、なぜ人々の間に戦争などの波風がたってしまうのだろう。

事業承継に際して、この御製を心で詠み、日々ことに当たっています。

Follow me!

前の記事

長崎市民の森

次の記事

付加価値の構成