長崎県の財政事情-2019

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
長崎県の平成30年度決算、一般会計、収入7,008億円
これだけ見てもよくわからないので、時系列で並べてみます。
【収入】
30年度 7,008億円
29年度 7,332億円
28年度 7,153億円
27年度 7,072億円
26年度 7,025億円

これまでの収入増から、若干減少といった感じでしょうか。
29年度は県庁の新築工事もあったことから、多くなっています。

県税等の自主財源は全体の34%
全国平均が47.2%
やはり、地域の産業創出による経済活動の活発化、定住人口の増加が大きな課題です。
離島が多いことから、どうしても効率的な行政サービスが難しいところがあります。
離島を含む、全地域で、それぞれの特色を生かした新事業創造による、持続可能な社会を目指さないと今後さらに厳しくなると思います。

詳細は、長崎県のホームページを参照ください。

Follow me!