類似業種比準価額計算上の業種目及び業種目別株価等

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
自社株の評価を行ううえで、注目すべきは、類似業種比準価額計算上の業種目及び業種目別株価等です。
この評価額が、自社株に与える影響は大きいです。
自社の状況はさほど変化なくても、外部環境により、予想を超える影響を受ける場合があります。

内閣府事業 プロフェショナル人材事業を長崎県で行っているので、今回は「サービス業 職業紹介・労働者派遣業(111)」の年ごとの評価額を確認したいと思います。
平成30年平均株価 1,053円
平成29年平均株価 1,017円
平成28年平均株価  581円
平成27年平均株価 381円
平成26年平均株価  290円

こういった、国税庁の発表する数字にも同時に注目していく必要があります。
詳細は、国税庁のホームページを参照ください。

Follow me!

前の記事

親父の考え

次の記事

民法改正と消滅時効