google広告について

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
Googleに広告を出している場合の当該広告料の支払いについては、これまでいわゆる「リバースチャージ方式」によっていたため、特定の事業者を除き、実質消費税の負担(手続き)がありませんでした。
しかし、2019年4月1日より、Google合同会社が当該広告に係るサービス提供者となったため、国内アカウント保持者に対する当該広告料に対して消費税が上乗せされることになりました。
Google広告のヘルプより
2019 年 4 月 1 日より、グーグル合同会社がサービスのリセラーとして月別明細書を発行することになりました。
そのため、日本では Google 広告の売り上げに 8% の消費税(JCT)が課せられます。
会社の住所が日本国内にある Google 広告アカウントには、この変更が適用されますのでご注意ください。

詳細は、google広告のホームページを参照ください。

Follow me!