事業引継ぎとM&Aの関係

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
M&A(エムアンドエー)とは、Merger and Acquisition(合併と買収)の略であり、企業の合併や買収の総称です。
英語表記したのが、「M&A」、日本語表記したのが「事業引継ぎ」です。
中小企業・小規模事業者の経営者の高齢化が急速に進む中、少子化等の影響から、親族内での後継者の確保が厳しさを増しており、M&A等による事業引継ぎの必要性が年々高まってきています。
中小企業庁では、後継者のいない中小企業・小規模事業者の皆様方が安心してM&A等を活用することができるよう、今般、有識者からなる「中小企業向け事業引継ぎ検討会」を開催し、「事業引継ぎガイドライン」、「事業引継ぎハンドブック(紹介用のチラシ含む)」を策定しました。
「事業引継ぎガイドライン」は、M&Aの手続きや、手続毎の利用者の役割・留意点、トラブル発生時の対応等を詳細に記載しています。
また、「事業引継ぎハンドブック」は、事業者の皆様方がM&A等を活用する際の手引き書となるよう、ガイドラインを分かりやすくまとめたものです。

このガイドラインや、「事業引継ぎ」「M&A」に関する個別相談に応じています。
お気軽のご相談ください。

Follow me!