戦略実現の手段としてのM&A

こんにちは、経営支援センターの高浜です。

M&Aは、企業戦略実現の手段であって、M&A取引を実行すること自体が目的ではありません。
買い手企業にとっては、自社の企業戦力の実現に真に資するものであるかどうかが重要です。
M&A取引自体を行うことが、目的となっていると、M&Aを行ったが、企業成長が得られない、相乗効果が発揮されない、こんなはずではなかった、となっていきます。
M&Aを行う前に、自社の企業戦略をしっかり構築することが重要です。

長崎でのM&Aは経営支援センターへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

長崎県の平成31年度当初予算

次の記事

個人版事業承継税制