G20 JAPAN2019

こんにちは、経営支援センターの高浜です。

G20:財務大臣・中央銀行総裁会議が2019年6月8日(土)・9日(日)に福岡で開催されます。
参加メンバーはG7(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、米国)、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコの各国財務大臣、中央銀行総裁、EU議長国財務大臣と欧州中央銀行(ECB)総裁、数か国の招待国の財務大臣・中央銀行総裁及びIMFや世界銀行等の国際機関の代表です。
2018年アルゼンチン議長国下でのG20財務大臣・中央銀行総裁会議では、世界経済、仕事の未来、インフラ投資、国際金融アーキテクチャ、金融セクター改革、国際課税やテロ資金対策などについて議論が行われました。

G20 JAPAN2019
財務トラック プライオリティ
Ⅰ.世界経済-リスクと課題
(A)世界経済リスクのサーベイランス
(B)グローバル・インバランス問題への対処
(C)高齢化の課題・政策対応

Ⅱ.成長力強化のための具体的取組
(D)質の高いインフラ投資
(E)自然災害に対する強靭性の強化
(F)途上国におけるUHC(Universal Health Coverage)ファイナンスの強化
(G)低所得国における債務透明性の向上及び債務持続可能性の確保

Ⅲ.技術革新・グローバル化がもたらす経済社会への構造変化への対応
(H)国際租税
(I)金融市場の分断を回避する国際的な連携・協力
(J)金融セクターにおける技術革新-機会と課題

詳細は、G20財務大臣・中央銀行総裁会議のホームページを参照ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください