平成31年度に特恵関税を卒業する国

こんにちは、経営支援センターの高浜です。

平成31年度に特恵関税を全面卒業する国は、中国・メキシコ・タイ・マレーシア・ブラジルの5か国です。
卒業基準は、3年連続して、世銀統計の「高中所得国」以上に該当し、かつ、世界の輸出総額に占める当該国の輸出額の割合が1%以上である国、です。
中華人民共和国(香港地域及びマカオ地域を除く)が、特恵関税制度から、卒業なので、通常の関税が課税されることになります。当該国との貿易を行っている事業者は、事業への影響を勘案する必要があります。

詳細は、関税のホームページを参照ください。

Follow me!