行政はプラットフォーム化し、新たな担い手が育つ

こんにちは、経営支援センターの高浜です。

デジタル化の波が、いよいよ真剣に進んでいます。
行政手続きの電子化が加速していきます。
「『何が変わるか』よりも、今回のデジタルトランスフォーメーションは、過去の施策の不徹底さに『けりをつける』ということです。行政サービスの利便性向上や高度な政策立案といった理念そのものは当時と大きく変わっていません。ただ、かけ声だけでは進まない。いくらトップが構想を打ち立てても、現場にとって慣れ親しんだ業務の進め方や開発手法から脱却することは容易ではありません。こうした構造を打開し実効性を担保するには、やるべきことをコミットメントとして掲げ、アクションプランやスケジュールに落とし込む、といった現場レベルでの細部の詰めが肝要です」(中小企業庁の前田泰宏次長)
データに対する認識、デジタルに対する認識が大きく変わってきています。

参考:経済産業省METI Journal

Follow me!