令和2年度の年金額改定

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
令和2年度の年金額は、0.2%のプラス改定です。
総務省から「2019年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食料品を含む総合指数)が公表されました。
これを踏まえ、厚生労働省より、令和2年度の年金額は、令和元年度から0.2%プラス改定されます。

令和2年度の新規裁定者(67歳以下の方)の年金額の例
国民年金 令和元年度(月額)65,008円 令和2年度(月額)65,141円(+133円)
老齢基礎年金(満額):1人分

厚生年金 令和元年度220,266円 令和2年度(月額)220,724円(+458円)
夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額)

一方、支払う国民年金保険料
法律に規定された保険料額 令和2年度17,000円 令和3年度17,000円
実際の保険料額 令和2年度16,540円(+130円) 令和3年度16,610円(+70円)
となっています。

詳細は、厚生労働省のホームページを参照ください。

Follow me!

次の記事

物件探しツアーin商店街