住宅用太陽光発電の固定価格での買取期間が順次満了を迎えます

こんにちは、経営支援センターの高浜です。
2009年11月から開始した余剰電力買取制度の適用を受けた住宅用太陽光発電設備は、2019年11月以降、固定価格による10年間の買取期間が順次満了を迎えます。
固定価格での買取開始から10年間を経過して買取期間が満了する住宅用太陽光発電の数は、2019年だけで約53万件となり、累積では、2023年までに約165万件、670万kWの太陽光発電が対象となる見込みです。

買取期間が満了した住宅用太陽光発電については2つの選択肢があります。
1:電気自動車や蓄電池等と組み合わせて、自宅などの電力として自家消費をする。
2:家庭と小売電気事業者などが、個別に契約を結び(相対・自由契約)、余った電力を売電する。

詳細は、経済産業省のホームページを参照ください。

Follow me!

前の記事

ふるさと相続

次の記事

「選ばれるまち」長崎へ